読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実ライフブログ

充実ライフを過ごすためにいろいろなことにチャレンジします。

イライラ解消のためにやる自分ができることにのみ考えるようにする件

よくわからないけどイライラすることが多くなりました。

年かなとも思いますが、年だけのせいにしたらいけないよね。

だからイライラ解消のためにやることを考えてみました。

これは私が考える私のイライラ原因と対処法です。みなさんに使えないと思いますからご容赦くださいませ。

 

なぜイライラするのか?

第三者発信が多い

自分のサイクルを見ていると、人がなんかしたという第三者発信のものが多いです。

第三者が何とかしてくれたらこうなるのになぁ↓

でもしてくれない。

イライラがたまる。

こんな感じです。

よくよく考えると、第三者が何とかしてくれるケースってほとんどありません。

だからイライラしますね。

第三者は絶対に動きませんから何ともなりません。

金もらってるんだからやれよとか思っても、仕方ないです。

その原則をしっかり意識しないとイライラは解消はされません。

 

できないことを指示される

ある程度の覚悟を持ってできないことを相談して、その場では対処を約束したのに、別のところからおんなじ指示がくるパターンです。

大体このケースはやることになり、やれないため評価的なものが下がりますし、対処を取ります。

こんなのが日常茶飯事だとイライラがたまります。

こちらは、対応を期待して相談したことがダメです。

ほう、れん、そうなんて言いましても全く意味がありません。

ちなみにできるようにするために必要なものを相談しても意味がありません。

基本はお前一人で頑張れという指示がだけですからイライラがたまります。

 

結論

イライラする理由は、第三者に期待をすることが原因であるとわかりました。

第三者は自分でコントロールできません。

そんな当たり前なことを知らないおっさんです:(;゙゚'ω゚'):

中小企業診断士の企業経営戦略論とかではっと気づきました。

 

イライラしないために実施すること

第三者に期待しないこと

第三者になんかしたらやってもらえると期待してる自分が悪いと知ることが大事です。

第三者は期待をしても何もやらないということを大原則に考えて対策を考えるといろいろ対策案が出てきます。

そのためには、第三者は何もしないと考えて、やってくれたらラッキーと感じることが重要です。

 

自分ができてことに集中する

第三者に期待しないためには、自分ができることに集中することが重要だと思います。

怒ったり、愚痴を言ってもなんも解決しないですからね。

また、第三者に相談しても全く無駄ですから、ほう、れん、そうはしっかりしますが期待はしないようにします。

 

第三者に依頼するときのポイント

原則、第三者は何もしません。

ただ、自分一人ではできません。

だから、依頼するときにはラッキーと感じたり、対処ができるようにしておく必要があります。

そのためには、

  • 第三者に依頼する内容を見直す必要があります。

です。

 

具体的には依頼内容について以下をかなり明確にします。

  1. やり方
  2. 期日
  3. ゴール
  4. コミット

これをしっかりと記録し、依頼者と共有します。自分が依頼するんだから当たり前ですね。

特に、1,2は重要ですが、1については自分でやったら早いんじゃないかと思うくらい丁寧に作ります。

一回作っておけば流用できますからね。

パソコン作業の場合は、スクショを取り解説を交えて説明します。

量が多いと見ないので、適度な量でやります。

 

依頼をしたら、進捗を適度に確認します。

依頼内容を詰める際に、長期にわたる場合は、中間報告をしてくださいねと言います。

大体、当日対応依頼は常時相談で、日をまたぐ場合は、日の終わり付近にどう?できそう?とにこやかに対応します。

できなさそうなら別の人に割り振ったり、自分でやったりします。

 

依頼内容がどういう結果になっても感謝を伝える

第三者は何もやらないのが原則に立つと、依頼内容に対して何もやらなかったとしても、依頼内容を見てくれたり、できていないことを報告してくれたことに感謝を伝えます。

決して怒ってはいけません。

原則やらないんだから。

次にも依頼はしなきゃいけないから、それを考慮して、次にできないならやってもらいたいことを一つ伝えます。

これもやらないと思いますが、期待はせずに伝えます。

 

最後に

イライラする性格を変えて、穏やかな毎日を過ごしたいですね。

変えられるものをしっかり変えていきたいと思います。